2021年1月19日

倉庫内軽作業は教わってすぐ簡単にできるので人気

あまり頭を使わずに単純作業を繰り返す

軽作業と呼ばれる、簡単な説明だけで誰でもできる作業は、ちょっとしたアルバイトとして主婦や学生などから人気があります。多くは倉庫内作業となっており、トラックから沢山納品された部材を組み立てるなどして製品にし、梱包して出庫して行きます。ひたすらシールを貼り付けたり、もしくはひたすら箱を壊して中身を出したりと、単純作業なので簡単な説明ですぐに始められる上に、ずっとその作業をしているのであまり考える必要がありません。こういった作業が嫌だという人もいますが、好きな人は色々と別のことを考えながらできる作業ということで中々人気のある業種と言えます。また、その職場にも寄りますが主婦の仲良しグループで一緒におしゃべりをしながら作業することができると、ちょっとした井戸端会議をしながらお金を稼げる環境のため、倉庫内軽作業は少し穴場の働き方とも言えます。

入庫からの加工作業を経由した出庫作業

倉庫にも種類があり、入って来た荷物を基本的にそのまま出庫するところもあれば、こういった軽作業を前提として部材を仕入れ、加工して出庫するところがあります。入庫と出庫だけの倉庫であれば加工技術は必要ないため、どちらかというと正確な検品や梱包作業のできる人が集められるでしょう。加工を必要とする倉庫では、その作業内容にもよりますが人手を集めて、できる限り時間内に大量の作業を完遂させることが重視されます。製品の組み立てなど、技術の要る作業もありますが、そういった部分はできるだけ社員が担当し、簡単な作業を軽作業担当のアルバイトに回すのです。もちろん加工後は梱包と発送準備作業をそれぞれ行う必要があるため、最終的にトラックに載せる準備をする部分は同じです。

物流は、荷物の運搬に携わる運送会社の他、梱包やデータ通信など様々な事業を扱う会社によって支えられています。